近年、農業・農村には、従来の農業生産の機能のみならず、多面的な役割が求められている。

また観光客の誘致等、地域の特色を生かした多様な取り組みを行っているところも多く、

その担い手として若者や高齢者、農家女性等が注目されている。

本講義では,「食」や「農」を取り巻く社会的な様々な動きを把握するとともに,

近年農山村で取り組まれている「地産地消」や「スローフード」「グリーツーリズム」

インバウンドの受け入れなどの活動及び、主催団体、担う人々に焦点を当て,

日本農業や農村の現状の理解を深める。